薄毛治療薬のフィンカ―5mgの効果を最大限にする方法!もう薄毛で悩まない!?

薄毛治療薬のフィンカーの効果を最大限にする方法!もう薄毛で悩まない!?

男性型脱毛症(AGA)は、思春期に始まり徐々に進行していき額の生え際や、頭頂部など、進行していく部位もいくつかあります。
どの部位に脱毛症があっても、他人の目線が気になるのは同じで、どうにか薄毛を改善したいという思いは同じではないでしょうか。

ある調査では、薄毛が気になるのは
20代では、約10%
30代では、約 20%
40代では、約 30%
50代を過ぎると、なんと約40%

というように年齢を重ねるごとに高くなっていっています。

50代を過ぎると半数に近い人が薄毛を気にしているというのが驚きですよね。
若い人もこの調査をみると、「自分も年を取れば剥ハゲてしまうのか」と不安になる人もいるでしょう。

そこでおすすめしたいのが薄毛処方薬のフィンカ―5mgなのです。
医学的に効果が証明されたお薬である薄毛処方薬のプロスカーのジェネリックであるために効果は同じ。

効果は同じですが値段が安いという利点があり、非常に人気のある内服薬が世界で愛される「フィンカ―5mg」なのです。

多くの男性の支持を得ているフィンカ―5mgですが、使い方によっては強力な味方になります。
フィンカ―5mgの魅力を知った上で、どうすればフィンカ―5mgの実力を最大限に引き上げることができるのか大公開していきます。

フィンカ―5mgは全ての薄毛に対応するの?

フィンカーは全ての薄毛に対応するの?

フィンカ―5mgが対応しているの以下です。

  • AGA薄毛に有効
  • 多毛、毛髪の質の向上には弱い

薄毛対策は、問題点によって違った治療薬があります。

簡単に結論だけ申しますと、
薄毛の多くは発毛を抑制する原因物質がありますが、
医学的に証明されている「フィナステリド」成分が薄毛の原因を排除

フィンカ―5mgに含まれる有効成分はフィナステリドといって、前立腺肥大症の処方薬として使われています。

前立腺肥大症でフィンカ―5mgを長期服用している人の多くにAGAが改善され、アメリカのFDAが研究した結果、男性型の薄毛への処方薬として承認されています。

日本においてはフィンカ―5mgとしては承認されていませんが、フィナステリド1㎎配合のプロペシアが承認されているので興味がある人も多いのではないでしょうか。

フィナステリドには男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストテロンに還元するα-5還元酵素の作用を抑える働きがあります。

ジヒドロテストテロンは前立腺の細胞を増殖させる作用があるとともに、脱毛を促す作用もあるのです。

そのようなことで、フィナステリドは増毛や毛髪の質を上げるというより、脱毛を抑え、本来あるべき場所に発毛するといった作用で薄毛対策を行う内服薬ということになります。

男性ホルモンを抑制するフィンカ―5mgの効果の実際

男性ホルモンを抑制するフィンカーの効果の実際

フィンカ―5mgが男性ホルモンを抑制するのは分かったところで、実際にどのように薄毛を予防できるのかご紹介します。

  • 毛母細胞増殖と成長期の正常化
  • 脱毛を繰り返し細く短くなった毛髪を成長させる

簡単にいいますと、
フィンカ―5mgは異常な発毛周期を正しい状態に戻します。

発毛を促すというよりも頭皮を本来の健全な状態するという事ですね。

ジヒドロテストテロンには毛母細胞の増殖が抑えられ、成長期が短くなることが分かっています。体内にα-5還元酵素が多い人はテストステロンがジヒドロテストステロンに変換される量が多くなるため、急速に症状が進みます。

毛母細胞は約2年~6年の周期で分裂を繰り返していて、50回~60回で分裂を終了します。ということは、最短の2年と考えて50回の分裂なら100年は大丈夫、つまり一生カバーできるということになります。

しかしジヒドロテストテロンによって最短周期が0.5年となると、25年で終了となり、それ以降は毛が生えてこないということになります。

薄毛対策は早めに行ったほうが良いと言われる理由はここにあって、フィンカ―5mgを早めに服用することで毛母細胞の分裂のサイクルが長くなることで毛の寿命も延び、改善につながるのです。

継続して服用するとこのサイクルの正常化も継続されるので、少し飲んで効果がでたからといってやめてしまうと、また脱毛が始まってしまいます。

継続は力なり、という言葉はAGAの治療にも当てはまるのです。

フィンカ―5mgがカバーできない薄毛を治療する最強の方法

フィンカーがカバーできない薄毛を治療する最強の方法

しかし、フィンカ―5mgが効果を発揮できない薄毛というがあるのも事実です。フィンカ―5mgには脱毛を抑制する効果はあるのですが、多毛にしたり毛髪の質を上げる、ということには弱いのです。

そこで、併用して使うことで薄毛治療を強化できるのが「ロニタブ」です。

ロニタブならばこちらを参考下さい。

ロニタブの効果は

  • 発毛
  • 育毛

の2点があり、増毛して、毛の質も太く、長くなることで最近注目されています。

「ミニキシジル」としては商品: ロニタブがあります。
フィンペシアは頭皮の血流を良くする働きで発毛を促します。

2つの医薬品の機能としては、

・フィンカ―5mgは悪い原因物質を排除(脱毛予防)
・ロニタブには血行を良くして毛根に栄養を送り込む(発毛、育毛)

有効成分はミノキシジルで、国内ではリアップの名前で育毛剤として販売されています。しかしローションタイプだとムラができてしまうこともあり、服用して頭皮全体に成分が行き届くことでしっかりと発毛・育毛の効果が現れます。

フィンカ―5mgで脱毛予防、ロニタブで発毛・育毛を行うことで、より薄毛へのケアできるのです。

フィンカ―5mgの飲み方の工夫と注意点

フィンカーの飲み方の工夫と注意点
  • ピルカッターで分割して服用
  • 1日1回の服用

日本で発売されているのは1mgの物を考慮すると、
フィンカ―5mgの初心者は5分割して服用するのも良いです。

国内で承認されているフィナステリドは1㎎であり、フィンカ―は5㎎となっています。

「有効成分は多ければ多いほど効果があるのではないか」と思われがちですが、そうではありません。

日本皮膚科学会の発表によると、48週間1㎎と2㎎を継続投与した後の結果を研究したところ、有意差はありませんでした。なので、フィナステリドは1㎎服用することで十分だということがわかります。

ということは、ジェネリックであるために安価なうえに、1錠で5日分ということになります。

薄毛処方薬は長期に渡り服用を必要とするので、経済的にも打撃を与える場合もあります。
価格を考えても続けやすいのがフィンカ―5mgだということがわかります。

しかしながらフィンカ―5mgは未成年の安全性が確立されていないので未成年の使用には注意が必要です。

また、胎児への影響を考えて妊婦への投与も進められていません。
フィンカ―5mgはAGAへの薬で、元々男性ホルモンの少ない女性には有効性は示されていません。

まとめ

フィンカーで薄毛が改善
  • フィンカ―5㎎はジェネリックなので価格も安く継続しやすい。
  • AGAに効果絶大。
  • ロニタブと併用することで発毛・育毛もカバーできる。

男性型脱毛症(AGA)はフィンカ―5mgを早期い服用を始め、長く続けることが重要です。
早速個人輸入をして対策をしましょう!

海外で医薬品の医学的な承認を受けているフィンカ―5mgで薄毛治療をしてみませんか。

フィンカー(Fincar) 5mg100錠 Cipla社│AGAの治療に使用されます。
フィンカー(Fincar)はプロスカーのジェネリック医薬品でフィナステリド5mgの高含有量となっています。お求めは個人輸入代行の経験が豊富な三越屋をご利用ください。
タイトルとURLをコピーしました